2015年09月15日

「ゆきだま通信」が、電子書籍になりました!

元祖・婚活パーティ攻略掲示板・メルマガの「ゆきだま通信」が、「婚活パーティではじめる 出会いのビギナーコース」というタイトルで、電子書籍になりました!


このページにたどりついたあなたは、女性との「出会い」がないことに悩んでいらっしゃるのだと思います。

でも実は、「私には出会いがない」と言う人には、2つのタイプがあります。

1つは、「周囲に気軽に話したり遊んだりできる女友達はいるけど、そこから恋愛関係に発展するような『出会い』がない」という意味で「出会いがない」と語る方。
こういう「恵まれた」方は、このページから得られるものは多分ありませんので、ページを閉じていただいてOKです。

この先を読んでいただきたいのは、もう1つの「出会いがない」のほうで、「友達レベルの相手も含めて、そもそも女性との関係がほとんど/まったくない」という方です。要は「非モテ」と呼ばれるタイプですね。

そういう方にとって、出会いとか恋愛というのは、入口しか見たことがなくてどこまで広がっているか分からない、奥深いダンジョンのようなものです。
何度挑戦してみても、ごく入口でやられてしまって敗退してしまい、中に入れません。
あまりに「入口」でやられてしまうので、何が問題でどうすれば良かったのかがが分からない、分からないから学習効果も働かず、何度やっても同じ失敗を犯してしまう、奥にどんな世界が広がっているかも分からないし、だんだん攻略しようという気力も失せていく、そんな感じだと思います。

私もそうでした。
出会いで失敗を繰り返し、どうすればいいか分からず、悪戦苦闘を続ける毎日だったのです。
でも、いくつかのきっかけがあってそこから少しずつ光が見え始め、最終的にはたくさんの女性と出会い、友達にもなり、そんな女性の中から私との結婚を選んでくれる女性にも巡りあえました。



ここで、最終的に私がたどり着いた「出会いの成功方程式」をご紹介しましょう。

(1)恋愛関係になる女性の数の期待値=
  そこそこ親しい女友達の数 ×
  友達関係を恋愛関係にランクアップできる確率

(2)そこそこ親しい女友達の数の期待値=
  出会いの数 ×
  出会いを友達関係にランクアップできる確率


これです。
これをもう少し噛み砕いていうと、こうなります。

(1)女性と恋人になりたければ、まずはたくさん女友達を作ろう。そのうえで、友達関係を恋愛関係にランクアップさせるような「口説きのスキル」を身につけて実践しよう。

(2)じゃあ、その女友達をどうやって作る? そのためには、まず出会いの数を増やすこと。そして、その出会いから友達関係を作れるような「友達作りのスキル」を身につけて実践しよう。

こういうことになります。

さて、この(1)恋人を作る、と、(2)女友達を作る、の2つの方程式のうち、恋人を作りたい非モテ男性にとって特に重要なのはどっちだと思いますか?

それは間違いなく、

(2)の、出会いから友達関係を作る。

のほうに決まっています。

ものすごく乱暴にいうと、女友達がたくさんいる状態から恋人を作るというのは、そんなに難しいことではありません。
例えば、それなりに親しい女友達が4〜5人いて、それぞれとこまめに連絡をとりあったりデートしたりする関係を続けていれば、たぶん1年以内にそのうちの誰かと恋人になれます。

でも、そういう女友達が、全然「いない」状態から、「いる」状態にもっていくというのは、とても難しく大変なことです。
女友達が誰もいない状態で1年間漫然と過ごしていても、女友達が勝手に湧いてくるわけがありません。当たり前です。

では、どうするか。

ここで、先ほどの(2)の方程式を改めて見てみましょう。

(2)そこそこ親しい女友達の数の期待値=
  出会いの数 ×
  出会いを友達関係にランクアップできる確率


だとすると、そこそこ親しい女友達を作るための方法は、以下の2つしかありません。

a.出会いの数を増やすこと。
b.出会いを友達関係にランクアップできる確率を上げること。


出会いの数を増やすこと、これは一見難しそうに見えて、実は簡単です。
さまざまな出会い系サービス・婚活サービスを利用すればいいのです。

でも、それだけでは結局、何の解決にもならないことが多いでしょう。
なぜなら、いくら出会いがあっても、その出会いを友達関係にランクアップできる確率を上げること、こちらがとても難しいからです。
出会い系サービスに登録して活動を始めても、結果が出ない人はとことん出ません。最初の話に戻りますが、出会いというダンジョンの入口でことごとくやられて、ダンジョンに入っていくことさえできなかったりするわけです。

この難題を乗り越えるには、どうすればいいのでしょうか?

ここで強くおすすめするのが、あるタイプの婚活パーティを「出会いの実践の場」として選んで、そこで経験値を積んでいく、という方法です。



なぜ、出会いを友達関係にランクアップさせるスキルをトレーニングする場として、婚活パーティがいいのでしょうか。

その前に、質問させてください。

初対面の女性と「友達」になるために、まず第一歩として、必要なことはなんだと思いますか?

相手に好印象を持ってもらうこと?
楽しい話をすること?

違います。

その女性に、あなたの存在を認識してもらうことです。

例えば、あなたが婚活パーティで、20人の女性と「出会った」とします。
パーティの進行にあわせて、最初にすべての女性と短い会話をこなしたとして、それが終わった時点であなたのことを覚えている女性は、いったい何人いるでしょうか?

漫然と会話していただけでは、あなたのことを覚えてくれている女性は、恐らく「0人」です。
あなたは20人もの女性との会話を一生懸命こなしたつもりでも、相手の女性の視点にたってみると、すべての女性から、あなたの存在自体が認識されずに終わっている、あなたはいなかったのと同じになっているのです。

こうなると、もうパーティの結果は見えています。
その後も誰とも会話が盛り上がらず、誰ともカップリングされずに終了です。
せっかくの20人もの女性との「出会い」を、それ以上の関係進展にまったくつなげることができず、当然、「出会いを友達関係にランクアップできる確率」は0%ということになります。

確率0%というのは深刻です。
つまり、どんなに出会いを重ねても、それがまったく無駄であることが最初から確定しているわけですから。

では、どうすればいいのでしょうか?

ここで、先ほどの2つの方程式に、新たな3つめの方程式を加えましょう。

(3)出会いを友達関係にランクアップできる確率=
  出会った相手女性に存在を認識してもらえる確率 ×
  認識されたあと、そこから友達になれる確率


これも、噛み砕いて言葉にしておきましょう。

出会いを友達関係につなげていくためには、まずは相手女性に自分の存在を認識してもらうこと。それがなければそもそも始まらない。そのうえで、あなたの存在を認識してくれた女性と関係を深めて友達になろう。

さて、先ほど、「女友達がいる状態から恋人を作るのは、そんなに難しくない」ということを書きました。
同じように、「あなたの存在を認識してくれた女性と、友達になること」は、実はそんなに難しくありません。
なぜなら、「あなたの存在を認識している」ということは、あなたの話を聞く準備ができていて、既に同じ土俵に乗れているからです。
もちろん百発百中というわけにはいかないでしょうが、そういう女性がたくさんいれば、楽しく話をしていくなかで、そのうちの何人かとは、比較的スムーズに友達になれます。

じゃあ、何が難しいのか。

あなたの存在を認識してもらうこと。

突き詰めていけば、これこそが最大の難関なのです。

赤の他人以下、つまりあなたがそこにいるということ自体を認識すらしていない状態の女性に、あなたの存在を認識してもらって、あなたの話を聞いてもらえるような関係性を作ること、これが、とにかく難しいのです。

この「最初の最初の段階」がクリアできないからこそ、あなたの「出会いを友達関係にランクアップできる確率」が0%になってしまうのです。
ダンジョンの入口で毎回やられてしまうのです。
この段階をクリアできないことが、非モテ男性が非モテから脱出できない理由のすべてと言っても過言ではないのです。


考えてみてください。
もし、あなたの話を聞いてくれる気のある女性が何人もいたとしたら、そういう女性と楽しく話をして友達になっていくことは、そんなに難しいことではないように思いませんか?
その印象は、そんなに間違っていません。

考えてみてください。
もし、そうやって友達になれて、毎日連絡をとりあって、ときどき電話して、たまにデートできるような女性が何人かできたとしたら、そういう関係を続けていくなかでそのなかの誰かと恋愛関係になっていくことは、そんなに難しいことではないように思いませんか?
その印象は、そんなに間違っていません。

でも、そんな楽しいイメージをぶち壊す最大の難関、それが、

初対面の女性に、あなたの存在を認識してもらって、話を聞いてもらえる段階までもっていくこと。

これなのです。

これができないからこそ、あなたが出会った女性はみな、あなたの話を聞こうともせず、あなたの前を素通りして消えていってしまうのです。

だからこそ、非モテ男性の方が非モテを脱出するためには、ピンポイントで、この部分のスキルアップを徹底的にトレーニングするのが最も効果的だと言えるわけです。

そんなトレーニングができる場所。恐らく、唯一に近い場所。
それが、婚活パーティです。


ただし、どんな婚活パーティでも効果があるのかといえば、そうではありません。

なぜ、婚活パーティでは、出会いの最初にして最大の難関である「相手にあなたの存在を認識してもらうこと」のスキルアップができるのでしょうか?

そして、どんな婚活パーティを選べば、実際にそのスキルをトレーニングできるのでしょうか?

さらに、実際に婚活パーティに参加して、どう行動してどんなトークをすれば、実際にそのスキルを向上させ、出会いをカップリングにつなげていくことができるのでしょうか?

答えは、こちらに用意しました。



非モテ男性の方が非モテを脱出するために必要な、「婚活パーティを活用した、出会いのビギナーコース」のノウハウが、こちらで読めます。
Kindle電子書籍なので、Kindle端末、スマホ、PCなどで読むことができます。

本書を読んで、明日にでも婚活パーティに参加してみましょう。
結局、出会いのスキルアップのためには、実際に女性との出会いの現場に身を投じ、たくさん女性と話して、失敗を重ねて学習して少しずつうまくなっていく、そういう学習サイクルを回していく以外に、成功の道はありません。
そして周囲に出会いがなくても、婚活パーティを活用すれば、そのスキルアップトレーニングをすぐにでも始めることができるのです。

そして、出会いの最大の難関である「相手女性にあなたの存在を認識してもらうこと」のトレーニングを徹底的に積んでいきましょう。
その部分が少しずつうまくなっていくと、先ほどの確率が「0%」から、10%とか20%とかに上がっていきます。
そうするとだんだん、あなたの話を聞いてくれる女性や、あなたと友達になってくれる女性が生まれてくるようになるのです。

世界が変わりますよ。

そしてその頃には、いつも「入口」でやられて中を見ることさえできなかった「出会いのダンジョン」の、結構奥の方まで進んでいることに気付くでしょう。
そして、「ああ、出会いのダンジョンというのはこんな構造をしていたんだ」ということが分かってきて、自信をもってその中を探索できるようになっていきます。

そうすると、何が起こるのでしょうか。

驚くことに、パーティ以外の普段の生活のなかでも、出会った女性にあなたを「認識」してもらって、話を聞いてもらって、時には友達になれたりする確率が、徐々に上がってくるのです。

ここまでくれば、あなたは「非モテ」を脱出し、出会いのビギナーコースを卒業した、ということができると思います。

そこまでのご案内をしたいと、思っています。



ぜひ、手にとってお確かめください。


※最後に、こちらのページに以前お越しくださった方へのメッセージを。
こちらのページは、「ゆきだま通信」の跡地になります。

「ゆきだま通信」とは、婚活パーティについての情報交換掲示板で、活動当時は個人で運営されているものとして日本最大級の規模を誇っていました。
掲示板のオーナーであった私、snowも、自らのパーティ参加レポートやパーティや出会いについての記事を投稿して掲示板を盛り上げていました。

その後、私自身がパートナーを見つけて結婚したことで掲示板をクローズしたのですが、この度、それらのコンテンツをベースにまったく新しいタイプの出会いと婚活のガイドブックをまとめました。



数々の出会いサービスの中でも、婚活パーティだけが持つメリットを最大限に活用し、出会いスキルをアップして非モテ環境から脱出するという、ユニークな恋愛・婚活指南書となっていますので、かつて掲示板にお越しくださった方も、ぜひ手にとっていただければ嬉しく思います。

sora y.d. (snow)

posted by snow (sora y.d.) at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。